*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01.31 (Thu)

20年ぶり・その3♪ 

お正月の話を今月のうちに・・・
と思っていたら、
げ!
気がつくと、もう今日で1月も終わりだよ。┐(´ー`)┌ヤレヤレ

大急ぎで話のつづきを・・・(;´▽`A``


さてさて・・・
お腹もいっぱいになり、ちょっとウロウロしようじゃないか。

  Σ( ̄□ ̄;)!!!
えらいぎょうさんの人!
どこもかしこも人だらけ。

法善寺横丁へ行ってみたかったが、かなりの人出であろう。
今回は、やめておこう。

御堂筋、心斎橋をどんどん横切って行こう。

  Σ( ̄□ ̄;)!!!
車止めにウナギのモチーフ。
ここは、鰻谷だね。

さぁ、どこへ行こう・・・
とりあえず、人の少なそうな所に向かおう。
よし、地下へ潜ろう。

クリスタ長堀だ。
えらいすいているぞ。
みんな地下の存在を忘れているかのようだ。
そうだ、ハンズへ行きましょう。

ハンズの辺りは、すいているかしら。
うむ、ちょっと多いが、ま、よかろう。
ハンズの前では、なにやらあたたかそうな飲み物を
振舞っているよ。
お姉さんが、「どうぞ♪」
と紙コップを差し出してくれた。
いや、しかし、無用だ、結構だ。
お腹いっぱいですから。

ハンズのエスカレーターも結構混んでいるので、まず一気に
上までエレベーターで上がり、売り場を見ながら、下っていこう。

彼女は先程、手帳を買いそびれているのでそれを見たいそうだ。
うん、そうしましょう。
封筒や便箋も、いいのがあれば買いましょう。
かわいいものがいっぱいだね。

おや、加湿器だ。
あ、そういえば、家の気化式加湿器のフィルターがどこにも売っていなかったが、ここに同じ製品が売っているよ。
フィルターはあるのかね?
店員さんに聞いてみよう。

ピノコ:この加湿器のフィルターはありますか?
店員:少々、お待ちください。
あぁ、待つよ。
・・・・・・

遅いね、どうしたのかね。
・・・・・・
かなり遅い。

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
来た来た、待っていたよ。

店員:こちらでございます。
    3個入りです。
ピノコ:おいくらですか?
店員:・・・・
   少々、お待ちください。

  Σ( ̄□ ̄;)!!!
なんということだ!
まだ待たせるのかね!
そんなもの値段も一緒に聞いてくるのは、
常識ではないか!
しっかりしてほしいよ。

しかし、遅いね・・・

もうフィルターは、どうでもよくなってきたよ。
待つのは嫌だよ。
このまま帰ってやろうかしら。
まぁまぁ、せっかく見つかったんだから、と彼女に言われ、
待つことにした。

来た来た。
店員:2,100円です。
なるほど、よかろう。
レジまで持って行くことにした。

支払いを済ませ、次へ移動といきたかったが、フィルターの入っている箱が、いやにかさばるね。
しまった!箱から中身を出してもらえばよかった。
私が悔しがっていると、彼女は、じゃあ出してもらったら?
そうだね!
もう一度レジに行き、中身を出してもらい、小さな紙袋に
詰め替えてもらった。
よかった!
これで身動きが取りやすいよ。
ありがとう、友よ。

さぁさぁ、他にも色々、見てみましょう。
おぉ、電動歯ブラシだ!
かなり上等なものだね。
どれどれ、スイッチを入れてみよう。

ブィーーーーーーーーーン!

  Σ( ̄□ ̄;)!!!
かなりの振動だ!
からだ中に振動が伝わる勢いだ。
しかも、その電動歯ブラシを持っていた腕が、振動で血が動き、かゆくなってきたよ。
歯を磨くたびに腕がかゆくなるのも考えものだ。
わるいが、今はいらないよ。
さらば電動歯ブラシ。ヾ( ´―`)ノ~
さぁさぁ、ここも移動しましょう。

と、その時だ!

  Σ( ̄□ ̄;)!!!

あれは!
あれは!
私は、友達に大急ぎで伝えた。

しかし、大声は禁物だ。
できるだけ、ひそひそ話のように伝えねば!

坂田師匠!
ホラ、坂田師匠がいる!

  Σ( ̄□ ̄;)!!!
友達は、びっくりしたが、
坂田師匠!と私がつぶやいただけで、彼女はすぐに、
あのアホの坂田師匠であることに気づいてくれた。
流石、我が良き友よ♪

坂田師匠の買い物を見るため、私たちは健康器具の影から様子を見た。
坂田師匠は、とてもおしゃれで、
黒いニットの帽子に、黒いジャケット、黒い皮のパンツ姿だった。
金縁メガネがとてもお似合いだ。

こういう場合、たいていは声をかけ、握手の一つもしてもらうのだが、この日の人出では、大パニックになってしまう。
坂田師匠も、出番の合間の買い物なので、声をかけず、
そっとここから覗いておこう。

いったい何を買っているんだろう。
友達は、坂田師匠が何を買ったのかが気になるようだ。
それは私も同じだよ。

坂田師匠が、支払いを済ませ、下りエスカレーターへ。
私たちも移動だ。

  Σ( ̄□ ̄;)!!!
坂田師匠!
どうなさったの?

下りではなかったようだ。
間違ったみたいだ。
上りエスカレーターに乗って行かれました。
まだまだ買い物があったのでしょう。
ここから、そっと手を振るよ。

いやぁ、正月から坂田師匠に会えるなんて♪
しかも、ハンズで。
普段の師匠は、オーラがなく、洒落たおじぃちゃんだ。
気がつかない人の方が多いであろう。

この日の坂田師匠は、ただただ普通に歩いていらっしゃいました。
決して、
よいとせのこらせ♪
とは、歩いていらっしゃいません。

しかし、私は、そんな坂田師匠を気づくことができた♪
よかった。
気づけてよかった。
友達も大喜びだ♪
彼女に、
すごいアンテナを持っているなぁ、
と言われてしまった。フフ

その後、またクリスタ長堀へ潜りましたが、先程よりも人が
かなり増えだしているよ。
気の利いたカフェもなさそうなので、とりあえず、大丸へ向かうことにした。

大丸で買い物を済ませ、かわいいカフェがあったのでそこへ入って、お茶を飲んで、またおしゃべりし、お別れの時間。
楽しかったよ。
年に1回、こうした日を作ろうか。
じゃあ、またね♪

彼女と別れ、一人電車に揺られて帰りました。

うとうとしていると、頭の中で、急に、
あの歌が!

そう!
アホの坂田♪
キダ・タロー先生の作られた、あの名曲が!

グルグル、調子よく鳴っているよ。
もうどうにも止まらないよ。
お腹がよじれそうになるほどの笑いをこらえて帰りました。
もしかしたら、口元が緩んでいたかもしれません。
鼻がヒクヒクしていたかも。

帰ってから作りおきしていたカレーライスを食べました。

早速私は、坂田師匠の話をしたのですが、BJも息子も、坂田師匠の話には食いついてはきてくれませんでした。
┐(´―`)┌oh!no!

当時のレコードジャケットをネットで探し、サイトから拝借♪
アホの坂田 レコード




【編集】 |  14:52 |  未分類  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。