*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.05.19 (Mon)

アゲハの幼虫♪ 

ブログフレンズの方々のところにおじゃまし、
時々登場させるキャラ 私の母について、今日は語ります。

私の母は、生きていれば、いくつになるのだろう・・・
昭和7年生まれですから・・・
もうけっこうな歳になるでしょう。(ごまかしたな、ピノコ)

母は、身長150cmの小柄な人で、
おしゃれに大変興味があり、
おしゃれだけでなく、何にでも興味津々でした。

ある時、母がお料理で使う山椒を植えていたのですが、
そこへアゲハチョウが卵を産み、孵化し、幼虫となったので、山椒の葉っぱを食べられては困るので、それを取り除く
ことになりました。
それなら、私が幼虫を育てたいから、
水槽で飼うよ、ということになりました。

私が割り箸で、幼虫を取ろうと思ったのですが、
母が、
あぁたは、お箸の持ち方が悪いから幼虫をつぶすかも
しれへんから、
と母がしゃしゃり出てきたので、任せることにした。
母は、
私はね、昔、お蚕さんを飼っていてね、桑の葉っぱを
あげて育てててんよ、
などといいながら、幼虫を割り箸でつまんだ、
その時である!

ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

  Σ( ̄□ ̄;)!!!
見ると、母は尻餅をつき、冷や汗をかいて、
かなり動揺している。
こんな母を私は見たことはなかった。

いったい母の身に何が起こったの?と思い、
どうしたの?
と聞いたが、母は答えない。

それどころか、ヒャーヒャーヒャーと叫び、
持っていた割り箸を振り払おうと必死である。

どうしたの?
母の腕を触った。
すると、
キャーーーーーーーーーー!

  Σ( ̄□ ̄;)!!!
私、何も悪いことしていないよね?・・・
どうしたの?(もうこの言葉しかでない、小学生のピノコ)

あー、びっくりしたぁ、
あー、びっくりしたぁ、
あー、びっくりしたぁ、
と早口で母が3回言った。

ようやく日本語を話してくれた。
これで事情がきけるよ。

ピノコ:で、いったいどうしたのよ?
母 :あぁた、あの幼虫なんなのよ。
ピノコ:何って、チョウチョの幼虫よ。
母 :何チョウ?
ピノコ:だから、アゲハの幼虫っていったじゃない。
母 :それやったら、いったいアレはなんなんよ!
ピノコ:アレってどれ?
母 :あのきしょこの悪い橙色!
ピノコ:橙色?
     Σ( ̄□ ̄;)!!!
   って、アレ?
母 :アレアレ!!
ピノコ:ツノだよ。
母 :???
ピノコ:危険を感じた時に、出すツノで、わかりにくいけれど
   臭いも同時に出すねんよ。
   割り箸でつままれ、びっくりしたので、
   ヌォ~と出したんやね。(笑顔)
母 :それならなんで言うてくれへんかったんよ。(怒)
   何が起こったのかと思ったわ。(驚)
   それに私は危険やないわ、ホンマ失礼やねぇ。
ピノコ:失礼って・・・(心の声)
母 :もう汗びっしょりやわぁ、嫌やわ、あの虫。
   後は頼んださかいにね。
   責任持って、ぜ~んぶ取り除くんやで。
   ぜ~んぶやよ。
   わかったね。

文字で書くと、母はかなり穏やかそうに言っているように思われるでしょうが、
とんでもない・・・
かなり切羽詰った様子で、おまけに血相がかわり、
私は悪いこともしていないのに、叱られたような気持ちになってしまった。

その後・・・
幼虫取りを行った。
かなり卵からかえったようで、相当な数のアゲハの幼虫を捕獲した。
捕獲のミッションを終えたことを母に報告すると、
母は山椒の木を念入りに見て、
卵が残ってはいないか、
取り忘れの幼虫はいないか
等を念入りにチェックしていた。
私は、キャップからのOK!サインが出るのを、直立不動のまま待った。
手には捕獲された幼虫たちがウヨウヨいる水槽を
持ったままだ。

キャップは、口を開いた。
よし!卵なし、幼虫もなし、きちんとできていました!

やれやれだ。

と、その時、再びキャップの声が!
幼虫は、
1.家で飼うのなら逃がさないこと。
2.飼わないのなら、とぉーーーーくへ逃がすこと。
1と2のどっち?

へ?だって、飼うっていうことで、取り除いたでしょうが?
チガイマスカ?
などと言える雰囲気でもなかったので、
直立不動のまま私は、
迷わず1を選択した。

すると、さらに母は、こう言った。
蓋についてですが、決して這い出させないよう、
管理をきちんと!

イエッサー!
いや、ハイ!だ。

じつは母、虫はあまり好きなほうではないのです。
そこへきて、ヌォーっとあのアゲハのツノが出てきてパニックになったのでしょう。
まぁ、そんなこともあるだろうけど、その後の母は、
軍隊の様で怖かったです。

書き忘れていましたが、
母が尻餅をつき、私へのミッションを伝えた後、
家の中に入っていったのですが、
尻餅をついた母のエプロンの尻部分には、
泥がついておりました。(;´▽`A``

これから少しずつ、母についても書いていきます。

今日の駄菓子。
母も好きだった かたぬき♪
かたぬき

母は手先が器用で、結構上手でしたが、1度だけ
すごく難しい形に挑戦した母。
かなり苦戦をし、
できた!
と言い、しんどかったわ、さぁ夕飯の用意でもしようかね、と。

  Σ( ̄□ ̄;)!!!

ピノコ: ちょちょちょっと待って!
    コレ何よ!
母: バレた?
ピノコ: バレたって・・・

母は難関を突破できず、パリッと割れてしまったにもかかわらず、私にバレないように、そぉっとごまかして、逃げるつもりだったようです。
母よ、私は見逃さないよ・・・
母は、あちゃー!という風に舌を出していました。
今思うと、かなりおちゃめな母でした。
(。´―`)。フフ

母の話は、まっだまだあるので、
ちょいちょい出していきます。
【編集】 |  00:52 |  未分類  | CM(6) | Top↑
お今晩は♪ 早速やってきましたv-16
時々登場するお母様、今日は詳しいお話が聞けました。
こうやって書くと、次から次へと思い出が出てくるのではv-209
ともすれば忘れてしまう事を日の光に当てて、息子さんにもお婆ちゃんて
こうだったのよ、と教えてあげられて…、すてきなブログになりますね。
お母様もあちらで「出演料ね」などと言って、照れてるかもv-410
バルおばさん |  2008年05月19日(月) 21:48 | URL 【コメント編集】
★>バルおばさん
( ´ー`)ノ こんばんは♪
いらっしゃいませ。m(_ _)m
母の話は、つきません。
色々なことを巻き起こしては、笑っていました。

ほんとだわ!
母に出演料を渡さなければ!
(*'ー'*)ふふっ♪
ピノコ |  2008年05月19日(月) 22:37 | URL 【コメント編集】
★お久し振りです~♪
せわしない二週間のお休みでしたが今日やっと更新出来ました。
また遊びに寄って下さいね~♪

ピノコさん、 沢山想い出がおありなのね、 お母さまとの。
それも楽しくって明るい素敵な想い出が~v-352v-354v-352

バルさんも仰ってる様にきっと喜んでらっしゃいますよ、 テンプレートの青空の雲の上から!

これからもドンドンご紹介下さいね、 お母様との想い出話。
楽しみにしてますよ~♪
モナカ |  2008年05月20日(火) 01:35 | URL 【コメント編集】
★>モナカさん
( ´ー`)ノわーい、お久しぶりです♪
お忙しくされていらしたのに、もう更新とは!
さすがです。≧(´▽`)≦

私の母、本当に色々なことが次から次へと起こして、私を仰天させてくれました。(^_^;
1回目の記事は、序の口です。
まだまだ驚愕のものが!
(私が驚いているだけで、母はいたってマイペース)
次回を、乞うご期待♪
(*'ー'*)ふふっ♪
ピノコ |  2008年05月20日(火) 08:47 | URL 【コメント編集】
★ウフフ
ピノコさんの絶句されている様子が、面白いです。

まったく、御母様のペースですね。
でも、小学生くらいの子供って母親がパニックになった時って
じっと見てるしかないですよね。

今になって冷静に振り返ると、娘は母親を守るような気持ちがあったのかな?
母と娘は不思議な関係です。友達になったり親子になったり…
セカセカ |  2008年05月20日(火) 10:58 | URL 【コメント編集】
★>セカセカさん
( ´ー`)ノ こんにちは♪
そうなんです、いつも母の渦の中へ引き込まれてしまうのです。
ましてや、小学生ピノコですから・・・

>>母と娘は不思議な関係です。友達になったり親子になったり
ほんと、セカセカさんのおっしゃるとおりですね。
勿論、母は私の親なのですが、親子の関係だけでなく、姉妹のようであったり、友達のようであったり。
本当に母と娘とは不思議な関係ですね。
母が亡くなった時、その全てを失ったような気がしたのもそのせいかもです。

今はすっかり年月が経ち、母との思い出をそろそろ、虫干ししてやらねば、と出してまいりました。フフ
ピノコ |  2008年05月20日(火) 13:28 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。